多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)とは?

多嚢胞性卵巣症候群を解説

多嚢胞性卵巣症候群って?

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)とは?どんな事なんでしょう?漢字も難しいですよね。読み方は、「たのうほうせいらんそうしょうこうぐん」と読みます。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは、女性の卵巣で男性ホルモンがたくさん作られて、排卵しにくくなる疾患です。排卵されない卵胞は卵巣にとどまってしまうため、超音波検査でみると、たくさんの卵胞(嚢胞)が見られることから多嚢胞性卵巣と呼ばれています。その症状として無月経や月経不順、にきび、多毛、肥満などが出現します。排卵しないため、不妊の原因になることもあるという事です。
多嚢胞性卵巣症候群の原因は、何でしょう?排卵には脳にある下垂体から分泌されるLH(黄体ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)という2つのホルモンが関わっています。多嚢胞性卵巣症候群ではこのバランスが崩れて、LHばかりが過剰分泌されることによって、排卵がうまく行われなくなります。また血糖値を下げるホルモンであるインスリンもPCOに関連しており、インスリン抵抗性(高インスリン血症)があると、男性ホルモンが増加します。男性ホルモンは卵胞の発育を抑制し、卵巣の外側の膜(白膜)を厚くすることによって排卵を妨げます。
治療法は、肥満気味な患者さんは、減量により月経不順の改善を認めることが知られています。体重が過剰な場合は、食事内容等のライフスタイルの改善をおこないましょう。やはり生活改善がもっとも重要です。

妊活サプリのミトコア公式サイト

妊活サプリを一度お試ししてみて下さい。

kaisetu

Posted by nin