不妊の原因は何?妊活男性は悩みがいっぱいです!

不妊の原因は何?男性は悩みがいっぱい

妊娠とか妊活っていうと、そんな簡単なものじゃないという話を聞きますよね?

私も、結婚して3年は子供が出来ませんでした。

不妊の原因は、男性の私にあるのか?と感じて、妊活を行い、体調管理と妊活サプリを飲んで、子供に恵まれました。

そんな私が、不妊について色々と調べていたものをまとめて見ました。

不妊で悩んでいる男性は、妊活サプリなどをうまく利用していきましょう。

詳しく妊活サプリを知りたい方は、こちらからどうぞ

【2021年度最新】妊活サプリの人気ランキングを検証してみたよ!
ランキングサイトって結構な数がありますよね?妊活サプリをお探しの方は、どのサイトを信用していいのかわかりませんよね?

太っている人は、妊娠しずらいのか?本当のところは?

太っている人は、妊娠しずらいのでしょうか?そんな都市伝説みたいなものがありますよね。

答えは、太りすぎも痩せすぎも妊娠しにくいそうです。

実際、私の周りの「ぽっちゃりさん」達が、結構妊娠しています。

更に第2子の時には、もっと恰幅が良くなっている人もいます(笑)

色白ぽっちゃりの方は、卵巣の働きが鈍くなってしまうというデータがあります。

女性ホルモンの分泌が卵巣までいかなく、卵巣の働きが悪くなるとの事です。

妊娠してからも、様々な病気に繋がり、産道も狭い為に難産になりかねません。

ベストは、標準的な体型です。痩せすぎても、排卵よりも体を守る方を脳が優先するそうです。

ちょうどいい体型になるのは、なかなか難しいと思っている方は多いと思います。

無理なダイエットなどを行い、体を壊してしまう方もいるので、注意しましょう。

その後に妊活サプリを使用するのか考えてみましょう。

妊娠の適齢期は?いつ頃?

妊娠するには、適齢期みたいなものがあるんでしょうか?

結婚してから妊娠、出産、子供の数によって適齢期が決まってきます。

若い時に出産する人や、高齢出産の人など様々なパターンの方がいます。

みなさん生理があるうちは、妊娠できると思っているでしょうけど、生理が上がる10年前くらいには、妊娠が出来なくなります。

妊娠できる年齢の限界は、一般的に42歳くらいだと言われています。

人それぞれですが、35歳~45歳くらいが妊娠の限界だと言えます。

妊娠の適齢期にうまく妊娠できるように、頑張ってみましょう!

晩婚化と共に増える男性不妊

今現在、世の中では少子高齢化と晩婚化が進んでいます。

男女関わらず不妊に悩む方が増えています。

晩婚化に伴い、体の老化というものが、精子、卵子の質の低下を促進させます。

精子は、35歳を境にどんどん老化していきます。

老化は、体そのものだけではないんですね。

老化の原因の1つは、酸化ストレスと言われています。

酸化ストレスとは、人が年をとると体内にに発生した活性酸素などによって、若い頃よりも細胞が傷ついていく事をいいます。

これは、精子にも言える事で、精子の質の低下に繋がります。

精子が老化をするという事を知らない人もたくさんいます。

この結果、40代になって不妊治療に通われる男性が増えてきています。

今の世の中、早く結婚して早く子供をつくることは、なかなか難しいですよね。

でも、体がどんどん老化していく前に、妊活をする事をおすすめします。

体の老化が進んだら、なかなか妊娠までたどり着けなくなります。

不妊原因の50%は、男性が原因です!

皆さんしってましたか?WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊の原因の50%が男性側にあるって事を?

昔から子供が出来ないのは、女性の方に原因があって、女性の方が積極的に専門医にいったりしているというのが現実です。

しかし、実際のところは、男子側にも50%不妊の原因があったんです。

なかなか男性は、積極的に妊活に励む方が少ないと言われています。

専門医に行って、精子を調べてもらって….って言っても、なかなか旦那さんが病院に行ってくれない!なんていう話が多いですよね。

男性は、自分の精子の質が良くないとか、元気な精子の量が少ないとか言われるのが嫌みたいです。

かなりの精神的なショックを感じるらしいです。

しかし、子供が欲しかったら、そういう事をきちんと受け止めて、生活改善を行ったり、妊活サプリを飲んで、妊活に必要な栄養をとって、夫婦揃って二人三脚で妊活に励まないと、いい結果は得られないという事です。男性も頑張りましょう!

以前の中絶は、不妊に影響あるの?

人口中絶のリスクには、アッシャーマン症候群(子宮内膜が癒着している状態で、受精卵が着床しにくい状況)や、子宮内膜菲薄化(子宮内膜が、薄く受精卵が着床しにくい状況)になる可能性があると言われています。

対応策として、アッシャーマン症候群には、癒着部分の切除。

子宮内膜菲薄化には、ホルモンを補充することによって、子宮内膜が厚くなることがあります。

人口中絶された経験がある方は、一度婦人科や専門医に行って、不妊の原因について相談された方がいいと思います。

ホルモンや子宮が原因の時もあれば、男性側に原因があるときもありますので、夫婦で専門医に行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 妊娠するには、標準体形がいいです。
  • 35歳~45歳くらいが妊娠の限界です。
  • 精子は、35歳を境にどんどん老化していきます。
  • 男性側にも、50%の確率で、不妊の原因があえります。
  • 人口中絶のリスクには、アッシャーマン症候群や、子宮内膜菲薄化などがあります。

妊の原因は、色々とあります。妊娠するには、健康体で、男性も一緒に妊娠について考えて行動する必要があります。