飲酒やカフェインは妊娠にどう影響する

飲酒やカフェインと妊娠の話

飲酒は妊娠に百害あって一利なし

妊活中、妊娠中にお酒を飲む方は、結構いますよね。飲酒は、赤ちゃんにはいい事がないと思います。今まで、毎日のように晩酌していていた方は、すぐには止めれないでしょう。しかし、妊娠にとって、アルコールは、百害あって一利なしです。お酒は飲んでも大丈夫?どれくらい飲んでもいいの?とお考えの方は、かなりやばいですね。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがあります。特に妊娠中の飲酒は絶対にやめた方がいいです。妊娠中に飲酒していたお母さんから産まれた赤ちゃんに様々な健康障害が発生する事がわかっています。妊娠中に飲酒した場合、当然そのアルコールは、赤ちゃんにも伝わります。赤ちゃんは、まだ未熟でアルコールの処理が出来ず、血中アルコールが高濃度となります。アルコールは赤ちゃんにとって、奇形を起こす物質ですので、赤ちゃんに移行し高濃度となったアルコールが奇形をはじめ様々な問題を起こす原因という事です。更に、赤ちゃんの発育不全や早産率の増加も報告されています。知的発達障害や協調運動障害、言語発達障害などのリスクもあります。1日、ビール1缶程度の飲酒なら大丈夫という報告もあります。しかし飲酒のリスクを100%なくして、妊活、妊娠にむけて努力していかないと、あとあと大変なことになる可能性があるっていう事を知って欲しいです。飲酒は、不妊の原因とも言われています。過度な飲酒、喫煙は男性も、女性も控えた方がいいです。妊活、妊娠中、授乳中は、禁酒・禁煙が望まれます。

カフェイン摂りすぎていませんか?

妊娠中は、普段よりもイライラすることが多いと言われています。そのイライラを紛らわすために、コーヒーを飲んだりしている方は多いんじゃないでしょうか。仕事をしている妊婦さんは、休憩中にコーヒーを飲んだりしている方もいらっしゃると聞きます。妊娠中の女性は、カフェインを分解、排泄するのに時間がかかると言われています。カフェインを体に蓄積しちゃうんですね。その為、そのカフェインは、おなかの中の赤ちゃんに届いてしまいます。赤ちゃんは、まだ未熟な為、カフェインを排泄できず、体内に濃いカフェインが残ることになります。カフェインの摂取量が多いと流産、死産のリスクが高くなります。コーヒーの飲む量は、1日数杯程度なら問題はありません。しかし、1日に8杯飲む方、ついでに喫煙される方は、要注意です。赤ちゃんの発達障害やさまざまなリスクがあるので、適量でコーヒーを楽しみましょう。出来る限り、コーヒーとタバコとお酒はやめた方がいいですよ。

カフェインではなくミトコアを摂取

妊活サプリと飲酒やカフェインの影響は真逆ですね。皆さん気を付けましょう!

kaisetu

Posted by nin